top

 

 スポンサードリンク

魚のレシピ

お酒のおつまみとして魚料理は人気があります。
魚料理は色々なお酒に合わせて調理できます。
生魚であっても、刺身として食べれば日本酒に合い、カルパッチョとして食べればワインにぴったりです。
焼き魚の場合は塩かけて焼くのとパン粉をかけて焼くのでは合わせるお酒も変わってきます。

まず紹介するレシピはマグロのユッケです。
居酒屋でもお酒のおつまみとして人気のメニューです。
刺身用のマグロを細切りにします。このマグロをごま油としょう油・炒りごまを混ぜ合わせたたれと合わせます。
少し時間を置くとより一層美味しくなります。
これを皿に盛り付け卵黄を乗せれば完成です。
お好みでネギやみょうがをのせましょう。

次に少しお洒落なレシピを紹介します。
明太子の天ぷらです。
明太子はそのまま食べても美味しいですが軽く火を通しても美味しく食べる事ができます。
まず明太子を大葉でくるみ爪楊枝でとめます。
そして天ぷら粉をつけ油で揚げます。
揚げすぎないように気をつけましょう。中は生のままの方が美味しいです。
明太子に味がついているので何もつけなくても食べることができますが、塩をつけたりカボスを絞ったりしても美味しいでしょう。

最後に居酒屋によくあるたこわさに似たレシピを紹介します。
刺身用のたこを薄くスライスし、水気を切ります。
そこに梅干を潰したものとわさびを入れて合えます。
梅風味のたこわさの完成です。
わさびと梅干の相性がとてもよくお酒のおつまみに良く合います。





  


お肉を使ったレシピ

お酒のおつまみとしてよく使われる材料がお肉です。
から揚げや焼き鳥はお酒のおつまみとしては定番料理になるでしょう。
和洋中で様々な料理に変化します。

簡単に作ることのできるおつまみレシピを紹介します。
まずはとり皮の揚げ物です。
とり皮は比較的安くスーパーで購入することができるので、家計にも優しいレシピになります。
茹でた鶏皮に小麦粉をまぶして油で揚げます。
この時にカリカリになるまで揚げるのがポイントです。
揚がったらすぐに塩・胡椒をしましょう。好みでガーリックパウダーをかけても美味しいです。
食べる時にレモンを絞って食べるのがお勧めです。
もも肉などに比べ、とり皮は短時間で揚げることができるので時間もほとんどかかりません。

次に紹介するレシピはキムチチヂミです。
キムチ・豚肉・玉ねぎをさいの目切りにします。
そして小麦粉・水・塩と切った材料を混ぜ合わせます。
最初に入れる水は少なめにして、生地が固かったら水をつけたすようにしましょう。
それからたっぷり油を入れたフライパンを熱して焼くだけです。両面をこんがりさせるととても美味しいです。
タレはしょう油・酢・みりん・砂糖を混ぜて完成です。

家ではあまり食べない合鴨を使ったレシピもあります。
合鴨の肉をブロックで購入し、脂身の部分に串で穴を何箇所か入れます。
フライパンで焼き目がつくように両面を4分ずつ焼きます。
焼いたらお湯で一度油を流し、鰹だし・しょう油・みりんを合わせたものに合鴨をいれて沸騰させたら完成です。
薄くスライスすれば合鴨のロースが自宅で簡単にできるのです。





  


卵を使ったレシピ

家の冷蔵庫に常備されているものの一つとして卵があります。
一人暮らしなどの場合は卵を消費できずに残ってしまうということもあると思います。
そんな卵を使ってお酒のおつまみが簡単に作れます。

まずは卵とゴーヤの炒め物です。
ゴーヤは苦味をとるために種と白い部分を取り除き、少し薄めにスライスします。
切ったゴーヤに塩をまぶしてしんなりさせ、お湯でさっと茹でます。
そうすれば苦味を抑えることができます。
熱したフライパンに少し多めに油を入れます。この中に溶きほぐした卵を入れ軽くいためふんわりさせて鍋から出します。
次に水・塩・日本酒をフライパンに入れ、ゴーヤと卵を入れます。
最後に水溶き片栗粉を入れれば完成です。

次にお酒に合う卵焼きです。
卵とだし汁を混ぜ合わせます。
卵焼きを焼くように、フライパンに卵を少し入れます。
その上に明太子とチーズを乗せて巻きます。
後は卵焼きを作る要領で卵を少しずつ巻いていくだけで完成です。
中に海苔や納豆をいれてもお酒のおつまみにぴったりです。

最後に茹で卵を使ったレシピです。
まずは茹で卵を何個か作ります。
日本酒・みりん・味噌をよく混ぜ合わせ、タッパに卵と一緒に入れ密封します。
冷蔵庫で1日以上漬け込んだら完成です。
後は食べる時に切って、漬けたタレをかけて食べるだけです。
5日ぐらい日持ちするので、つくり置きしておくと便利です。

卵を使ったお酒のおつまみをあまり作ることはないかもしれませんが、卵を使ったおつまみは意外とたくさんレシピがあるのです。





  


きのこのレシピ

お酒のおつまみにお勧めなのがきのこです。
年中ほぼ同じ値段で手に入れることもでき、とてもやすい食材がきのこです。
またしいたけ・しめじ・エリンギなど種類も豊富にあります。
同じレシピであっても、中に使うきのこを変えるだけで違う料理に変身してしまいます。

まずはしいたけを使ったレシピです。
しいたけをアルミホイルに包んでトースターで焼き、焼けたら好みの厚さに刻みます。
そしてレモン汁・塩・しょう油で味をつけた大根おろしにしいたけを和えたら完成です。
とっても簡単で日本酒や焼酎にぴったりのレシピです。
他にもしいたけの蒸し焼きもお勧めです。
しいたけを食べやすい大きさに切り、レモンとバターをのせて塩・胡椒をふります。
サランラップをして1分弱加熱するだけで出来上がります。
火も使わないのでとても手軽にできるレシピになります。

次にしめじを使ったレシピです。
お好みの野菜としめじ、笹身を用意します。
笹身は塩・胡椒をしてから小麦粉をつけてフライパンで焼きます。
しめじと野菜にも火を通し、塩・胡椒します。
後はスライスしたトマトの上に笹身と炒めた野菜をのせて、好きなドレッシングをかければ完成です。
ドレッシングは和風のものをお勧めします。
炒める際にタカの爪を入れれば、ピリッとしてお酒のおつまみにぴったりの味になります。

またサーモンや好きなきのこをアルミホイルで蒸し焼きにするのもお勧めです。
塩・胡椒だけで味付けし、焼けたらポン酢をかけて食べるだけの簡単レシピです。





  


10分でできるレシピ

仕事が終わって、ご飯を作るのが面倒という人も多いはず。
最近10分でできるというレシピもたくさんありますが、できるだけ手間を省きたいというのが本音だと思います。
お酒のおつまみにもお勧めのお手軽なレシピを紹介します。

10分程度でできる簡単なレシピにするには焼いたり、煮たり、揚げたりという面倒なことを極力避けるのがベストです。
まずお勧めのレシピがお刺身を使ったものです。
お刺身を短冊切りにして暖かいご飯の上に乗せるだけでも海鮮丼ができあがります。
またマグロのお刺身に、山芋を、摩り下ろしたものをかけるだけで、立派な一品ができあがります。
お酒のおつまみにもお勧めです。

次にお勧めのレシピは豆腐を使ったものです。
手軽に冷奴として楽しむ人もいますが、ほんの少し手間をかければいつもとは違う豆腐料理ができます。
豆腐の上にのせるものを変えるだけでもバリエーションを楽しめます。
例えば、オクラと梅を細かく刻んで豆腐にのせるだけで美味しく食べることもできます。
後はポン酢やしょう油をかけて食べるだけです。
他にも豆腐を切って混ぜるだけという簡単なレシピもあります。
ピータンと豆腐を切って混ぜ合わせます。
さらにラー油でアクセントを付ければ、お酒のおつまみとしてもぴったりです。
どちらも10分もあれば十分に作ることのできるレシピになります。
また豆腐はコンビニでも売っているためすぐに手に入れる事ができます。
そのため誰でもアレンジ料理を作ることが出来ます。





  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら