top

 

 スポンサードリンク

低カロリーのレシピ

お酒のおつまみはどうしてもカロリーが高くなる傾向があります。
お酒と一緒に揚げ物を取り続ければ、体にもよくありません。
毎日晩酌をするという人は特に気をつけたほうがいいでしょう。

そんな人に低カロリーのお酒のおつまみレシピを紹介します。
チーズを使ったレシピがお勧めです。
チーズは高カロリーのイメージがありますが、使う量によっては低カロリーのレシピになります。
まずは豆腐ピザがお勧めです。普通のピザは生地に小麦粉などを使っているため高カロリーになりがちです。
ピザ生地の変わりに豆腐を使えば低カロリーのピザになります。
豆腐をしっかり水切りすることが大切です。
また油揚げを使ったレシピもあります。
油揚げにトマトとチーズをはさみ、鰹節にしょう油をかけたものも油揚げにはさみます。
後はオーブンで焼くだけです。油あげがさくさくとしてお酒のおつまみによく合います。
さらにクリームチーズを使ったレシピもあります。
クリームチーズを食べやすい大きさにスライスします。
かいわれ大根や白髪ねぎなどをのせ、サラダとして食べるのがお勧めです。
カロリーの低いドレッシングをかければヘルシーなサラダが完成します。
ワインにも合う一品になります。

また野菜を使ったレシピもお勧めです。
物足りないと感じる人もいると思いますが、少し濃い目にするといいでしょう。
野菜はキャベツなどよりもブロッコリーやアスパラなどの歯ごたえがあり食べごたえのあるものを選びます。
中にえびやホタテなどを入れても美味しいでしょう。
オリーブオイルでにんにくを炒め、塩・胡椒で味付けします。
にんにくの程よい香りがお酒によく合います。





  


野菜のレシピ

居酒屋でサラダを注文する人も多いと思います。
家でのお酒のおつまみにもサラダなど野菜を使ったレシピがあります。

野菜を使ったレシピであればお店で食べるよりも体に優しく、安くつくることができます。
まず簡単なもので言えば浅漬けがお勧めです。
浅漬けはお酒にも合うレシピで、すぐに作れることができます。
浅漬けの素も市販で売られているので、好きな野菜を切ってつけておくだけで簡単に作ることもできます。
他にもきゅうりや茄子を食べやすい大きさに切って塩でもむだけでも美味しい浅漬けになります。
しょう油やからしをつけて食べるととても美味しいです。

次にアボガドを使ったレシピを紹介します。
お酒のおつまみとしてもお洒落な雰囲気のある食材です。
サラダとして食べることの多いアボガドは魚介類との相性が抜群です。
アボガドを薄くスライスし、サーモンや海老などと一緒に皿に盛り付けドレッシングをかけるだけでも立派なサラダになります。
またアボガドに好きなお刺身や茹でた海老を入れて、マヨネーズとレモンをいれて混ぜ合わせます。
アボガドの食感が美味しいサラダになります。

野菜のレシピとして煮物もあります。
中でも大根を使ったレシピを紹介します。
大根も魚介類との相性がいいです。いかと大根の煮付けも簡単に作れます。
いかを炒め、大根と水を入れて大根に火を通します。
酒としょう油・砂糖で味をつけます。味がしみこめば完成です。
他にもぶりやアラなどと一緒に煮ても、お酒のおつまみにお勧めです。





  


3行レシピ

最近、お酒のおつまみレシピで注目を集めているのが3行レシピです。
簡単に作れて、材料も少なくてすむためお勧めです。
3行レシピの本も販売されています。

そんな3行レシピで作れるお酒のおつまみを紹介します。
まずはジャガイモと片栗粉を使ったレシピです。
ジャガイモを茹でて潰し、同量の片栗粉を入れます。
クッキーのように棒状にまとめ、食べやすい大きさにきります。
後は揚げたり、焼いたりして焦げ目をつけるのがお勧めです。
そのままでも食べることができますが、バター醤油や砂糖醤油をつけも美味しく食べることができます。

次にピーマンを使ったおつまみです。
ピーマンを半分にします。じゃこをふりかけてチーズをかけます。トースターで5分程度焼きます。
これだけで立派なお酒のおつまみが完成です。
じゃこに塩味がついているので、他には味付けがいりません。

そして水菜を使ったレシピもお勧めです。
サラダがやはり美味しいです。
簡単な水菜のサラダを紹介します。
まず水菜を切ります。味噌・しょう油・みりん・酢・ゴマ油を混ぜ合わせます。混ぜ合わせた調味料と水菜を混ぜれば完成です。
水菜といえば、サラダのイメージが強いですが炒め物にすればお酒によく合うおつまみになります。
ベーコンを使ったレシピです。
ベーコンを千切りにします。水菜はざく切りにします。後はフライパンに油を引き、炒めて塩・胡椒で味付けをします。

3行レシピは簡単ゆえに調味料の分量はだいたいになります。





  


居酒屋メニュー

居酒屋で食べるおつまみと家で作るおつまみでは何かが違うと思う人も多いはず。
味も違えば雰囲気も違います。
家でも居酒屋で食べるようなお酒のおつまみを作りたいですよね。
そんな人にお勧めのレシピを紹介します。

居酒屋メニューで思い浮かべるものと言えばサラダや揚げ物あります。
からあげなども居酒屋で食べるものはおいしく感じます。

まずはお勧めのレシピ牛すじの煮込みを紹介します。
牛すじ肉を生姜と一緒に水の中に入れ、強火にかけ沸騰させ灰汁を取ります。
後は弱火にして30分程度茹でた後に牛すじ肉を洗います。
大根をいちょう切りにし、こんにゃくは薄めにきります。
大根と砂糖・しょう油・酒・水を入れて火にかけます。
少し温めたら牛すじ肉とこんにゃくも入れてにます。
後は40分程度煮込みます。最後にねぎと七味唐辛子をかけたら完成です。
少し時間はかかりますが、居酒屋のように美味しい牛すじの煮込みができます。

次に揚げだし豆腐を紹介します。
豆腐は食べやすい大きさに切り、水切りもします。
豆腐は片栗粉をつけ、色がつく程度に揚げます。
後はだしを作ります。だし汁にみりん・酒・しょう油で味付けします。
だし汁に揚げた豆腐を入れると完成です。豆腐の代わりに餅を揚げてつけても美味しいです。
大根おろしや刻みねぎをかけるとお洒落になります。
居酒屋メニューでよく見かける揚げだし豆腐も簡単に作ることができます。

最近では居酒屋メニューのレシピを本にしたものも販売されています。





  


おもてなしレシピ

一人でもお酒を飲んだり、みんなでお酒を飲んだりするときに必要なのがおつまみです。
簡単に作れて、自分のためだけでなく、おもてなしもできるお酒のおつまみレシピがあるととても便利です。

そんな簡単でお洒落レシピを紹介します。
最初にお勧めするのが生春巻きです。
市販のライスペーパーと自分の好きな野菜さえあれば簡単に作ることが出来ます。
ライスペーパーをお湯でもどし水気を切ります。
レタスや水菜といった好きな野菜を乗せます。和風にするには大根やねぎを入れるのもいいでしょう。
また海老やサーモンといった魚介類を入れます。
お刺身として売られているものを一緒に包むだけでいいです。
色合いを考えると海老やサーモンがお勧めです。後は包んで食べやすい大きさに切ります。
漬けだれもチリソースなどを使って作ることもできますが、市販のドレッシングでも十分美味しく食べる事ができます。

おもてなし料理であれば、お洒落というものだけではなく食べやすいという点も大切になってきます。
クラッカーなどにチーズやスモークサーモン・ポテトサラダをのせるだけでもお酒のおつまみになります。
また少し手間をかければおもてなし料理になります。
スモークサーモンを細かく切り、クリームチーズと混ぜ合わせます。
これをクラッカーにのせ、アクセントにエシャロットをみじん切りにしたものを散らします。
エシャロットの代わりにらっきょうを散らしても美味しいです。
最後にパセリをのせると見た目もお洒落なおつまみが完成します。





  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら