top

 

 スポンサードリンク

10分でできるレシピ

仕事が終わって、ご飯を作るのが面倒という人も多いはず。
最近10分でできるというレシピもたくさんありますが、できるだけ手間を省きたいというのが本音だと思います。
お酒のおつまみにもお勧めのお手軽なレシピを紹介します。

10分程度でできる簡単なレシピにするには焼いたり、煮たり、揚げたりという面倒なことを極力避けるのがベストです。
まずお勧めのレシピがお刺身を使ったものです。
お刺身を短冊切りにして暖かいご飯の上に乗せるだけでも海鮮丼ができあがります。
またマグロのお刺身に、山芋を、摩り下ろしたものをかけるだけで、立派な一品ができあがります。
お酒のおつまみにもお勧めです。

次にお勧めのレシピは豆腐を使ったものです。
手軽に冷奴として楽しむ人もいますが、ほんの少し手間をかければいつもとは違う豆腐料理ができます。
豆腐の上にのせるものを変えるだけでもバリエーションを楽しめます。
例えば、オクラと梅を細かく刻んで豆腐にのせるだけで美味しく食べることもできます。
後はポン酢やしょう油をかけて食べるだけです。
他にも豆腐を切って混ぜるだけという簡単なレシピもあります。
ピータンと豆腐を切って混ぜ合わせます。
さらにラー油でアクセントを付ければ、お酒のおつまみとしてもぴったりです。
どちらも10分もあれば十分に作ることのできるレシピになります。
また豆腐はコンビニでも売っているためすぐに手に入れる事ができます。
そのため誰でもアレンジ料理を作ることが出来ます。





  


ワインに合うレシピ

お酒のおつまみと言っても、お酒の種類によっては食べたいおつまみは変わってきます。
中でもワインに合うおつまみを紹介します。

一つ目は粉チーズを使ったシンプルなものです。
温めたフライパンに粉チーズを薄く広げて、弱火で焼きます。
そうすると薄いチーズのせんべいが出来上がります。
フライパンはフッ素加工の方が油を引かなくても綺麗にはがれます。
パリッとした食感がお勧めのせんべいです。

二つ目はパスタの素揚げです。
居酒屋のお通しメニューとしてもでてきますが、パスタの素揚げは家でも簡単に作ることができます。
オリーブオイルで素揚げにします。
揚げた後に塩や粉チーズをかけてもいいでしょう。
グラスにさせば、お洒落なおつまみの出来上がりです。
ワインだけでなく、他のお酒のおつまみとしても美味しく食べる事ができます。

三つ目はクリームチーズを使ったレシピです。
他のレシピに比べると少しだけ手間がかかります。
まずはクリームチーズを用意して、柔らかくなるまでねります。
クリームチーズにレーズンや好きなドライフルーツを入れて混ぜ合わせます。
混ぜ合わせたクリームチーズをラップに包んで筒状に冷やします。
少し固まったら輪切りにすれば、おつまみの完成です。
クラッカーにのせても美味しく食べる事ができます。
お酒のおつまみとして以外にもおやつとしてもお勧めです。
レーズンやドライフルーツ以外ににんにくなどを入れてもおいしいです。
ワインのおつまみとしてお洒落な一品ができあがります。



獨協医科大学図書館


  


餃子の皮

比較的安く手に入るのが餃子の皮です。
餃子を作る時に購入しても、皮が余ってしまうという家庭も多いはずです。
餃子のように手間がかからず、簡単に作れるレシピがあります。
子供のおやつやお酒のおつまみにお勧めです。

まずは餃子の皮にチーズなどの具を包んで揚げるだけの簡単レシピです。
チーズや納豆などを入れればお酒のおつまみになります。またチョコレートなどを入れればおやつにもなります。
チーズやチョコレートなどはきちんと餃子の皮を閉じていないと、揚げた時に中から出てくるので気をつけましょう。

次に餃子の皮で作る簡単ピザです。
餃子の皮の上にケチャップを塗って、好きな具を乗せます。
ピーマンやコーン・ベーコンなどを乗せて、さらにチーズを乗せて焼けば完成です。
自分の好きなオリジナルのピザができます。
トースターで2〓3分で焼けるため時間もかかりません。
焼くと餃子の皮がぱりぱりしてとても美味しいです。
手軽でありながら見た目も可愛いので、突然のお客様にもお勧めです。
お酒のおつまみとして最適です。

変り種としては餃子の皮をパスタとして使うこともできます。
餃子の皮にバジルやハム・チーズを半分に折って包み、さらに円錐形にしてふちを外にそらせます。
そうすることでトルテッリというパスタが出来上がります。
これを茹でて、トマトソースなどにからめて食べるだけです。
ワインにもよくあう料理になります。
少し手間はかかりますが、餃子の皮とは思えない一品です。





  


コンビニ簡単レシピ

仕事が終わった後にお酒を飲むと言う人はたくさんいます。
お酒のおつまみを買うよりも簡単に作って食べたいと言う人も多いのではないでしょうか。
仕事帰りでも開いているコンビニに売っているもので、作るおつまみレシピを紹介します。

まずははんぺんピカタです。
材料もはんぺんと卵だけでできるので安くすみます。
はんぺんに小麦粉をまぶした後に卵をからめてフライパンで焼くだけです。
溶き卵に粉チーズを加えても美味しく食べることができます。
失敗することもなく簡単に作れるレシピです。

次にソーセージのチーズ焼きです。
これもチーズとソーセージを用意するという簡単なものです。
ソーセージにチーズをのせて、ラップをかけて電子レンジで1分程度加熱します。
あっという間にでき、お酒のおつまみにもぴったりです。

またコンビニに売っているサラダを使ったレシピです。
ドレッシングを使っていないサラダにキムチを混ぜるだけで、辛いサラダが完成します。
お酒に合うほど良い辛さのサラダになります。
混ぜるだけなので、失敗することはないでしょう。

混ぜるだけのレシピとしてちくわ・塩辛を混ぜるだけのレシピもあります。
アクセントにねぎを入れても美味しいです。
ちくわは少し大きめに切るのがポイントです。
単品でもお酒のおつまみとして美味しく食べることはできますが、たまにはいつもと違う形で食べるのもいいですね。

どれもコンビニでよく売られているものばかりなので誰でも簡単に作ることができます。
安く簡単に作れるのが魅力です。





  


納豆レシピ

納豆と言えばご飯のおかずであって、お酒のおつまみにはならないと感じる人も多いと思います。
そんな納豆を使ったお酒のおつまみレシピを紹介します。
納豆であれば、家に買い置きしているという人も多いでしょう。
少しだけアレンジすれば、いつもとは違う納豆料理を楽しめます。

ひとつは納豆ちくわの天ぷらです。
ちくわの中に混ぜた納豆を詰め、天ぷら粉をつけて揚げるだけです。
材料も少なく、短時間でできるレシピです。
納豆の臭みもあまりしないため、納豆嫌いの人でも食べることのできるおつまみになります。

次は信田巻きです。
材料は油あげと納豆だけで、冷蔵庫の中にありがちな食材でできます。
油揚げに納豆を詰めてフライパンで焼くだけです。
しょう油などをつけて食べると美味しいです。
油あげはカリっとして、お酒のおつまみによく合うレシピです。

他にも納豆オムレツもお勧めです。
混ぜた納豆を先にフライパンで炒め、卵でとじるだけで完成です。
味付けは納豆についているタレだけで十分です。
納豆を混ぜる際にタレも一緒に入れて混ぜれば他に何も入れる必要はありません。

最後におつまみとして納豆キムチもお勧めです。
これも作り方はとても簡単で、刻んだキムチと納豆を混ぜ合わせるだけです。
手間のかからないレシピです。
どれも簡単にでき、時間のかからないものばかりです。
仕事が終わった後の晩酌にすぐに作ることも出来ます。またお客様に出すレシピとしても十分に通用するおつまみです。





  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら