top

 

 スポンサードリンク

日本酒に合うレシピ

お酒のおつまみと言っても飲むお酒によっておつまみの種類も変わってきます。
ワインであればお刺身よりもチーズなどがよく合います。和食よりも洋食のレシピがいいでしょう。
日本酒であれば和食のおつまみがお勧めです。
シンプルなおつまみの方が日本酒には野菜を使ったシンプルなものがよく合います。
味付けも比較的薄めのものがいいでしょう。

簡単なもので言えばキャベツのレンジ蒸しがお勧めです。
食べ安い大きさに切ったキャベツをレンジでしんなりする程度加熱します。
後はじゃこや刻み海苔などを散らし、ドレッシングをかけるだけです。
ポン酢などでも美味しく食べることができます。
調理時間も5分もかからないので自分でもすぐに作ることができるのが魅力です。

次にお勧めなのが厚揚げを使ったレシピです。
厚揚げをグリルなどで焦げ目がつくまで焼きます。トースターで焼いてもいいですが少し時間がかかるのでグリルがお勧めです。
両面に焦げ目がついたら自分の好きな薬味をのせ、しょう油をかけて食べるだけです。
薬味には刻みねぎや生姜・鰹節・わさびなどがよく合います。
これも5分程度で作ることができる簡単なレシピです。
他にもシンプルですが焼きしいたけもお勧めです。
グリルで焦げ目がつくまで焼き、レモンやかぼすなどを絞って食べます。
シンプルですが日本酒にはぴったりのレシピです。
お酒のおつまみはそれぞれに合ったものを選ぶことでお酒をより美味しく飲む事ができます。





  


ビールにあうおつまみ

仕事終わりの一杯と言えばビールという人も多いでしょう。
お酒のおつまみもビールにぴったりのものがあります。
居酒屋にいけば枝豆といったシンプルなものからから揚げなどのこってりしたものまでビールのおつまみとして選ばれています。
ビールは比較的どんなお酒のおつまみとも相性がいいお酒になります。
その中でもビールとの相性がいいおつまみのレシピを紹介します。

まずはトマトの炒め物です。
トマトを食べやすい大きさに切ります。プチトマトであればそのままでも構いません。
フライパンに油を引き、にんにくを入れて香りを出します。
トマトを入れ塩・胡椒・オイスターソースで味付けします。
トマトが柔らかくなり、皮が剥がれてきたら完成です。程よい酸味とにんにくの香りがビールにぴったりです。
カロリーもそんなに高くないので、お酒のおつまみとしてお勧めです。

次に蓮根チップのレシピを紹介します。
蓮根は皮をむいて、薄切りにします。酢水につけてアクを抜くのを忘れないようにしましょう。
アクを抜いたら水気を切ります。
後は蓮根を油で揚げるだけです。揚げた後に塩を振って味付けしましょう。
カレー粉で味付けをしても美味しいです。
ポテトチップスのような感覚で食べることのできるおつまみです。
手軽であり、お酒のおつまみだけではなく、おやつとしてもお勧めです。
揚げてはありますが、素材が蓮根であるためヘルシーです。

ビールはどんなおつまみでも相性がいいため、ついつい食べすぎても大丈夫なようにヘルシーなおつまみがお勧めです。





  


和風おつまみ

日本酒や焼酎といったお酒のおつまみは和風のものがお勧めです。
野菜や魚などを使ったシンプルなレシピの方がお酒の味もきちんと味わえます。

最初にお勧めするお酒のおつまみはかんぱちの炙りです。
市販されているかんぱちの刺身を軽く炙ります。バーナーがあればそれを使うのがお勧めです。
なければコンロの火で皮の部分を軽く炙りましょう。
それに大根などの野菜を添え、レモンやかぼすを絞って食べるととても美味しいです。
他にも旬の魚を軽く炙って食べるのもお勧めです。
いつもとは違うお刺身が完成します。

またお刺身と言えばしょう油にわさびを溶かして食べる人が多いですが、たまには違う食べ方もお勧めです。
お刺身に黒胡椒を軽く振り、レモンなどを絞るという食べ方です。
しょう油も美味しいですが、この食べ方もお酒のおつまみとしてぴったりです。

次にお勧めするレシピはダシ巻き卵です。
居酒屋で食べることはあっても、家でお酒のおつまみとして作る人は少ないと思います。
ただ材料も少なく、簡単に作れるのでお勧めです。
ダシ巻き卵はダシにこだわればこだわるほど美味しいものが出来ます。
ただ昆布や鰹からダシを取るのは面倒なので、市販されているダシを使えばいいでしょう。
ダシと砂糖・しょう油を卵とまぜフライパンで巻きながら焼けばいいだけです。
美味しく作るコツはダシをたっぷり入れて、食べたときにダシの味がするぐらいがちょうどいいです。
完成したら、大根おろしを添えて食べるととても美味しいです。





  


洋風のおつまみ

ワインにはもちろんビールにもぴったりなのが洋風のおつまみです。
洋風といっても料理の種類によっては日本酒や焼酎にもあうおつまみになります。

洋風のお酒のおつまみとしてお勧めなのがカナッペです。
手軽に作れるだけではなく、おもてなし料理としても使える一品です。
カナッペはフランスパンを薄切りにし、軽くトーストします。
トーストしたパンの上にチーズやサラダ・生ハムなどをのせるだけの簡単レシピです。
ワインに合うおつまみとしてバーのメニューなどにもある一品になります。

次のレシピもおもてなし料理として使える簡単レシピです。
ホタテの香草焼きです。
殻付の帆立貝を用意します。殻から身をとり、貝柱は残した状態にします。
オリーブオイルにパセリ・にんにく・パン粉を合わせ、帆立貝を混ぜ合わせます。
混ぜ合わせた具を殻の上にのせてオーブンで5分程度焼きます。
食べる時にレモンをかけると美味しいです。
このレシピも手間がかからない一品です。

そしてお酒のおつまみとしてお勧めなのがチーズを使ったレシピです。
カマンベールチーズを揚げたものがとてもお酒に合います。
カマンベールチーズに小麦粉・卵・パン粉の順につけていき、後は揚げるだけです。
少し癖があるチーズですが、揚げると苦手な人でも食べやすい味になります。
またクリームチーズの天ぷらも美味しいです。
天ぷら粉に食べやすい大きさに切ったクリームチーズをつけて揚げるだけです。
どちらもケチャップをつけて食べると美味しいです。





  


中華レシピ

中華のレシピは手間がかかりそうなイメージがあり、お酒のおつまみとして家で作るという人は少ないです。
しかし中華は炒め物のレシピがたくさんあり、調味料さえ揃っていれば意外と手軽にできる料理になります。

最初に紹介するレシピは鶏肉のカシューナッツ炒めです。
鶏肉とカシューナッツを用意し、後は好きな野菜を用意します。
炒めてもあまり水分の出ない野菜がお勧めです。
フライパンに油を少し多めにひき唐辛子を炒めて取り出します。
そこに鶏肉とカシューナッツをいれ炒めます。さらに野菜も入れて炒めていきます。
火が通ったら、鶏がらスープ・酒・酢・しょう油・砂糖・片栗粉を混ぜたものを入れます。
とろみがつくまで炒めたら完成です。
炒めるだけなのでそんなに時間もかかりません。

次にお勧めなのがサラダです。
通常は生で食べることの多いきゅうりを茹でるレシピです。
きゅうりは皮を全部向きます。なるべく細く切り塩と油を入れたお湯で軽く茹でます。
サッと通すぐらいで十分です。油を入れることで、きゅうりの色を保つことができます。
ゴマ油と塩を混ぜ合わせた中にきゅうりを入れてさらに混ぜます。
最後に刻みねぎをのせたら完成です。

最後にニラを使ったレシピです。
ニラはサッと茹でます。このとき柔らかくなりすぎないように注意します。
これににんにくソースをかけるだけのレシピです。
にんにくのみじん切りにしょう油・オイスターソース・砂糖・ゴマ油・スープを混ぜ合わせたものがにんにくソースになります。
材料も少なく、簡単でお酒のおつまみにぴったりの一品です。





  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら